こんにちは。

横須賀市公郷町衣笠駅にある創業昭和3年。
老舗ならではの蕎麦が堪能できる和食定食屋

【公郷そば入船】です。

「ズルズル!」という豪快な音を立てながら
蕎麦を食べるのは日本人では当たり前ですよね。

でも、海外の訪日観光客がそれを知らずに蕎麦屋に入ると、
人によっては不快感を持つかもしれないません。

実は去年、ちょっとした騒動が日本で起こりました。
食べる時に「ズルズル」と音を立てて食べるのが、

外国人に不快感を与える「ヌードル・ハラスメント」だと、
ツイッター上で訴えるアカウントが現れたのです。

確かに「すする」という食べ方は日本独特なものです。
その光景を初めて目にした外国人の中には、
驚く人や嫌悪感を持つ人も多いと聞きます。

パスタや中華麺など世界には麺料理が数多くありますが、
音を立てて食べることはマナー違反とされているからです。

では、日本料理のマナーで、すすることが良しと
されているかというと、実はそうではないようです。

正式なマナーとしては、
やはり音を立てて食べることは良くないとのこと。

では、なぜ日本人は蕎麦はすすって食べるのか?

一説に、蕎麦の香りを楽しむために、
すするようになったと言われています。

蕎麦はもともと鼻じゃなくて、
口の中で香りを楽しむものと言われています。

「すする」という行為は、
江戸時代から続く日本人の習慣となっています。

お国事情で賛否両論あるとは思いますが、本来であれば、
蕎麦のお味を楽しんでもらうことが一番なはずです。

多少の食べ方には目をつぶっていただき、
まずは蕎麦の醍醐味を存分に堪能して頂ければと思います。

【公郷そば入船】では誰でも楽しめる
美味しいお蕎麦をご用意しております。

横須賀周辺にお越しの際は、
ぜひお立ち寄りください。

追伸;

電車を使って来店される場合は、
最寄駅はJR衣笠駅から徒歩10分。

もし、お車で来られる際は、駐車場も有りますので、
お買い物ついでにお気軽にお越しくださいね。

11時から20時(水曜定休)の間は
出前サービスも行っております。

一品ものからご宴会・仕出しの配達まで
(要予約)承りますので、おうちで入船の
蕎麦の味をゆっくりご堪能いただけます。

配達可能エリアに関しては、
お問い合わせ頂き、ご確認くださいませ。
ご用命の際は、お気軽にご連絡ください。

衣笠で和食、定食を食べる際は、
老舗の味をぜひご賞味ください。

ご来店お待ちしております。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)